龍郷町ってどんなところ?

奄美大島の北部にあり、東シナ海と太平洋の両方の海に面し、中央に山々を抱える地形豊かな町です。

空港、最大市街地名瀬のいずれにもアクセスが良く、人口は横ばいで推移しています(人口6,040人、3,138世帯/2020年12月31日 時点)。

自然、歴史に富み、伝統産業大島紬の代表的な柄「龍郷柄」、「秋名バラ」発祥の町ですが、今は観光サービス業、黒糖焼酎等の製造業も盛んです。